読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームディレクトリ以外にvimの設定ファイルを置く

vim

開発サーバなどに共用のユーザで入る場合、うかつにオレオレ.vimrcを披露すると周りからの大ブーイングを喰らったりします。
今回は、下記のようなディレクトリ構成で自分だけのvimを作ってみようと思います。

/home/minna/ore/
|-- .vim
| |-- autoload
| |-- colors
| |-- plugin
| `-- ...
`-- .vimrc

まずは下記を.vimrcに書いて

" 現在のファイルを基準として$MYVIMRC、$HOMEを設定
let $MYVIMRC = expand('<sfile>')
let $HOME = expand('<sfile>:h')

こんな感じでエイリアスを設定します。

alias orenovim="vim -u /home/minna/ore/.vimrc"

また.vimrcの各種設定は$HOMEを起点として記述しておきます。

" スワップファイル設定の例
set swapfile
set directory=$HOME/.vim/tmp/swap

" neobundle設定の例
if has('vim_starting')
    set runtimepath+=$HOME/.vim/bundle/neobundle.vim
endif
call neobundle#rc(expand($HOME . '/.vim/bundle'))
NeoBundle 'git://github.com/hoge/huga.git'
filetype plugin indent on

これでOKじゃい!

今回の設定は通常のホームディレクトリに設定ファイルを置く場合にも対応できるので僕はGitHub管理の.vimrcにもコミットしています。

広告を非表示にする